fc2ブログ

>> EDIT

チョーク・フェスティバル

先週末はパサデナで開かれたチョーク・フェスティバルに行ってきました。
このフェスティバルは、パステルチョークを使ったペインティング・イベントで
サイドウォークに描かれたチョーク・アートを楽しむことができます。

1IMGP3352R.jpg

会場は、アーティストと観客でとても賑わっていました。
どれも個性のある、美しいペインティングばかりだったので夢中になって見て
周りました。今回は、中でも印象に残った絵を何点がご紹介したいと思います。

2IMGP3344R.jpg

こちらはロサンゼルス空港とロサンゼルスのイメージを描いた3Dアート
絵から2メートルほど離れたところにマークがしてあり、そこに立って
絵を見ると3Dに見えるのです。写真もばっちり3Dに撮れました!

3IMGP3372R.jpg

今にも飛びでてきそうな蛙の絵。
力強くて、ダイナミックなところが好きです。

4IMGP3367R.jpg

かわいらしい猫のペインティングもありました。
毛の部分がものすごく繊細に描かれていて、色使いが気に入りました。

アーティストが何種類ものパステルチョークを使って自由に楽しそうに
絵を描いている姿を見ていると私も参加したくなりました。
アートが身近に感じられた楽しい一日でした!

Absent

参加ブログランキング

人気ブログランキングへ

↑皆様の一票が私たちの力となります!!
応援クリックをお願いします


| 未分類 | 06:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ぱたぱたぱた・・・犬の警備員?

先週末は久しぶりにウェストハリウッドへ行きました。
お洒落な建物がたくさんあるので、覗きながら歩いていると
2?3時間があっという間です。

不況で店じまいしてしまったところが多く、
あちこちに「For Lease」の看板が目立って、ちょっと寂しい感じ。

でも、お目当ての家具屋さん、雑貨屋さん、ギャラリーなど
しっかり回りました。

あるギャラリーの2階で絵を観ていたら、ぱたぱたぱた・・・・という音がしました。
何かなと思い、振り向くと、コレ

IMG_2624R.jpg


広いギャラリーで客が悪さをしないように警備係をしているんでしょうか。
私のそばをつかず離れず尾行します(笑)。
振り返るとちょこんと座っておとなしくこっちをみています。
で、私が歩くと、ぱたぱたぱた・・・。

一緒に受付にもどると、スタッフの方が
「ご苦労様」
と犬に呼びかけていました。
すごくよく躾けられているんですね。
感心感心。

テンテン


参加ブログランキング

人気ブログランキングへ

↑皆様の一票が私たちの力となります!!
応援クリックをお願いします

| 未分類 | 01:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

キュ?トなサボテン

皆さんこんにちは、Absentです。
今回は、カリフォルニアのお隣、アリゾナ州にあるサボテン園に行ったときの話をし
ようと思います♪

5エーカーもの広さがあるこのDesert botanical Garden
園内には100種類以上ものサボテンやその他、砂漠に咲く植物が植えられています。

1IMGP2546R.jpg


真っ青な、巨大な、そしてサボテンが絵に描いたように綺麗で感動しました。



2IMGP2472R.jpg


サボテンの中にはこんなに大きく育っているものもありました。
険しい砂漠の土地で必死に生きるサボテンの生命力の強さに驚かされます。



3IMGP2480R.jpg



こちらはキュートな形をした丸いサボテン。
お庭のオブジェとして一つ欲しいです!



4R.jpg


自然一杯の空間なので、小鳥たちもたくさんいました。
写真の鳥は、サボテン・ミソソザイ
サボテン内に巣を作り、暑さから小鳥の赤ちゃんを守るそうです。

園内ではサボテンの生態について詳しい説明も聞けるので勉強になって面白いです。
アリゾナ州に行く機会があったら是非行ってみてください!

Absent


参加ブログランキング

人気ブログランキングへ

↑皆様の一票が私たちの力となります!!
応援クリックをお願いします

| 未分類 | 02:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

夏のサラダ

こんにちは。6月になりましたが、暑からず寒からず毎日ほどよいお天気です。

このごろギャラリーを訪ねたあとに近所の雑貨屋さんとかカフェにも寄るようにしています。
すごくクリエイティブなお店がありますから。

「この内装、どうやってつくるんだろう?」とか考えたり、お客さんが連れている犬と
目をあわせたりしている時間が楽しかったりします。

これ、シンプルなお料理ですが、とても美味しそうだったので写真をとらせてもらいました
(もちろん味見も・・・)。
簡単につくれそうでしかも美味しいので、自分でもつくってみようと思っています。

IMG_2085S.jpg

向かって左側はキュウリ、トマト、パクチーを細かく切ってオリーブオイルとレモンで
和えたもの、そのとなりは紫たまねぎをきざんだもの、赤ピーマンをきざんだもの、
トマトとバジルをオリーブオイルとレモンで和えたもの、そしてフェタチーズです。
右端の緑色の粒はピスタチオ。
適当にすきなものをまぜ、パンにのせていただくのですが、赤とグリーンが
ほんとに綺麗で、食欲がわきます♪

テンテン



参加ブログランキング

人気ブログランキングへ

↑皆様の一票が私たちの力となります!!
応援クリックをお願いします


| 未分類 | 08:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

アートな車たち

皆さん、こんにちは!ブログ初登場のAbsentです。
いろんな所に行って、いろんなことを体験するのが好きな私。
このブログでは私がアメリカでの日常生活や旅行を通して発見&体験した
アートな物や出来事をカジュアルに紹介していけたらいいなと思います。

早速ですが今回は、先週末ドライブ中にたまたま発見した
スチュードベイカー・オート・ショーの話をしようと思います。


IMGP3318S.jpg


スチュード・ベイカーは1868年に設立された自動車メーカー。
斬新なスタイルで注目を浴びましたがフォードやジェネラル・モーターズ
などの影響で、経営難に陥り1963年に撤退しました。
しかし、今でもスチュードベイカー車のファンは多いようで、
特に50代から70代の人たちに愛されています。


IMGP3309S.jpg


オート・ショーが行われていたのは、ディズニーランド近く、フラテン
という町のある公園。スチューダ・ベイカー車を愛する個人たちが集まり、自分たちの
スチューダ・ベイカー車を展示、公開するというコミュニティー・イベントでした。


IMGP3312S.jpg


公園には、カラフルでユニークなデザインをしたスチュード・ベイカー車が
ずらりと並んでいました。どの車もきちんとメンテナンスされていて、
何十年前もの車だとは思えません。


IMGP3319S.jpg


これは、1922年製のスチュード・ベイカー車(右下の白黒写真)
をこのように修理&リメイクしたものです。
個人の手によってここまで繊細に美しく、復元されるとは驚きです!


IMGP3311S.jpg


どの車のデザインも凝っていて、運転するオブジェクトというより、
一つのアートピースを見ている感覚でした。
車にはあまり詳しくない私でも、お洒落でかわいらしいデザインの
スチューダ・ベイカー・オート・ショーを十分に楽しむことができました。

Absent


参加ブログランキング

人気ブログランキングへ

↑皆様の一票が私たちの力となります!!
応援クリックをお願いします

| 未分類 | 06:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>